つむじの目立つ女性体験談

つむじの目立つ女性は、薄毛が治るまでヘアカラーやパーマができないの?

2年前に分け目やつむじが目立つようになった、30代女性です。これまで、頭頂部から同じ方向に前髪を分けてきてクセがついてしまったと思って、つむじと逆の方向に分け目をつけて前髪を流そうとしたんです。

 

ところが、つむじからパックリ割れて頭皮がはっきりと目立つように…。気づいてからは、鏡を見るたびに憂鬱になるばかり。私は身長が低いので、エスカレーターに乗ったときなどに、人の目が気になるようになりました。

 

 

やがて、まわりのおせっかい女性たちにもバレてしまい、「つむじハゲができたんじゃない?」とありがた迷惑の心配をされるようになりました。

 

美容室の先生に相談してみると、「つむじハゲ」とよく言われるけれど、光の当たり具合や髪型によって目立つので、ハゲではないものがそう見えるだけ、ということが多いようです。

 

 

「つむじ部分の頭皮から髪の毛が渦を巻いている状態」を確認できれば正常と考えていいそうです。私のつむじは渦を巻いている状態でした。

 

「でも、ちょっと抜け毛が多くないですか」と聞いてみると、髪型をずっと同じにしてきたことが薄くなってきた原因として考えられるそうです。

 

 

髪の毛のクセがつけば、つむじが広がって目立つわけですね。さらに、その部分は紫外線が当たるので影響も少なからずあるようです。また、髪の毛が長い女性はその分重さがあるので抜けやすいという特徴もあるようです

 

また、「長年のパーマやカラーの影響が考えられるかも」とのことでした。

 

パーマは毛髪の成分の結合を切ることで髪に変化をつけますから、髪に負担がかかります。脱色ではメラニンがこわれたり、たんぱく質が髪から流れてしまいます。その結果、通常の髪に比べると柔らかくなったり、細くなったりするんですね。

 

女性の抜け毛や薄毛が目立つ原因とは

 

それからは、髪が傷んでしまうカラー染めをやめました。ポツポツ出はじめた白髪は、髪が痛まないヘアマニキュア(髪の表面に吸着するだけなのでダメージが少ない)で隠すようになったのですが……。

 

 

やっぱり、印象が地味……。これまでのように髪を染めて明るくしたいし、薄毛を解消する方法を自分で探すしかありませんでした。そこで、調べてみると女性の抜け毛やが目立つ原因が大きく分けて2つありました。

 

女性ホルモンの分泌が低下

 

頭皮の血行不良

 

だったら、この2つを解消する方法を探せばいいわけですよね!

 

髪の健康とボリュームアップの基本は毎日の生活習慣

 

女性ホルモンをアップさせると、髪が健康になるだけでなく、老化を防いだり、美肌になったり、若返ったりとうれしいことづくめです。食事でそれができるんです。

 

 

女性ホルモンと同じ働きをしてくれるイソフラボン

豆腐や味噌などの大豆食品に含まれるイソフラボン。腸内で分解され、体内へと吸収されるときに女性ホルモンと同じ働きをして助けてくれます。

 

亜鉛で女性ホルモン分泌をアップ

煮干し、牡蠣、しじみ、大葉、豚レバー、海苔などに含まれる「亜鉛」をとれば、女性ホルモンだけでなく、ほかのホルモンの分泌も促進してくれます。

 

頭皮の血流を改善する

頭皮の下は毛細血管なので頭頂部に血液が届きづらい環境にあります。ウォーキングなどの有酸素運動をすると、毛細血管も発達して血流が改善します。

 

小さな努力があってこその育毛剤!

 

食事に注意してウォーキングの機会も増やしているうちに、いくらか抜け毛も減ってきました。ここまでがんばってきたなら、最後の「ひと押し」。育毛剤を調べてみました。

 

育毛剤のなかには薬草の臭いが強いものもあるようですね。まわりの人に匂いでわかってしまうのが心配なので、ひとまず、通販でよく目にする無香料のマイナチュレに。

 

 

朝晩つけましたが、匂いやべたつきはありませんでした。使っているうちに、だんだん目立っていた抜け毛も減って、髪が立つようになってきました。

 

結局、定期購入を3回目まで伸ばして使ってみると、ボトルが終わるころには髪の密度も増えたようで、ふっくら見えるようになりました。いま5本目ですが、つむじが目立っていた部分はもう透けていなくて、髪のボリュームが復活しつつあります。

 

 

薄毛は治らないと言う人もいますが、それは薄毛治療や育毛剤だけに頼り過ぎるからかもしれません。効果を活かすにはある程度、食生活を改めて地道に続けるなどの自分の努力も必要なんだと感じました。

 

 

やめていた髪染めを来月には再開したいので、育毛剤をもう少し続けてみようと思います。

 

髪のオシャレが楽しめるようになった育毛剤の詳細を見る>>