薄毛の原因と生活習慣|あなたの生活 薄毛に直結?

薄毛対策

薄毛の原因のひとつに生活習慣があります!知らずに続けているあなたのその生活習慣、実は薄毛に直結しているかも?!

そんな怖い生活習慣について私の実体験をもとにお話しましょう!

 

↓↓マイナチュレの公式サイトにリンクしています↓↓

この生活習慣の中で、育毛に悪いものはどれ??

私が6ヶ月前まで続けていた生活を(恥ずかしいですけれど)ご紹介しますね。

 

朝はぎりぎりの時間に起床(毎日寝坊!)

昨夜シャワーを浴びていないので、慌てて朝シャン

 

ドライヤーで乾かす時間もなく、自然乾燥(濡れ髪で通勤)

 

太陽カンカンの夏場でも日焼け対策なし

 

朝9時から、夜9時までストレスフルなオフィスワーク(おもにパソコンに向かう作業)

 

夏はエアコンでギンギンに冷えたオフィス、冬は汗ばむほどの暖房

 

ランチは、がっつり揚げ物系(とんかつ定食、カツ丼、中華セット etc.)

 

夜の残業、一日のコーヒーは10杯目

 

夜は、仕事帰りに同僚とビールでストレス発散(おつまみはやはりから揚げなどの揚げ物!)

 

家にたどりつくと、疲れて部屋に直行。お風呂にも入らずに、大好きな海外ドラマ鑑賞

 

気がつくと夜2時すぎ。。就寝前にベッドでスマホでSNS

 

さて、この私の生活の中で、髪の毛に悪い生活習慣はいくつあったでしょう??

もうおわかりのとおり、すべてが髪にはダメージを与える生活習慣です!私が続けていたこの生活、薄毛に一直線だったんです。

 

↓↓マイナチュレの公式サイトにリンクしています↓↓

 

薄毛の原因となる生活習慣

”育毛剤を頭につけるだけが育毛ケアではありません。!”というのが、マイナチュレの主張です!

規則正しい生活リズムや、髪に良い食事、乾燥や、紫外線対策など、薄毛の対策のためには、日ごろの生活習慣を見直す必要がありますね!

まずは、薄毛の原因になる生活習慣を詳しくみていきましょう。

 

睡眠不足は薄毛になるの?

人間の身体は睡眠によって疲労をとりのぞき、翌日の活動のためのエネルギーを充電しますよね。睡眠が不足してしまうとエネルギー代謝が上手くいかずに、身体が日中にうけたダメージが蓄積した状態が続いてしまいます。これは、髪や頭皮も同じです。髪は日中さまざまなダメージをうけていますよね。たとえば紫外線や、オフィスの冷房・暖房による温度、湿度の変化、チリやほこり。こういったダメージを睡眠中に回復するため、睡眠は育毛にとても大切なんです。睡眠不足になると毛母細胞の細胞分裂も十分出来なくなるため、発毛に支障をきたし薄毛になる可能性が高くなります。

 

育毛に効果のある睡眠時間帯って?

髪の毛を成長させるためには成長ホルモンの働きが大切です。なぜかというと成長ホルモンにはアミノ酸の吸収効率を上げて、髪の毛の80~90%を構成するタンパク質の合成を促進する作用があるんです。毛髪を育てるためには、この成長ホルモンを潤沢に分泌させることが重要です。

成長ホルモンの分泌を増加させるのは自律神経のひとつである副交感神経の働きによるのですが、この副交感神経は夜10時~深夜2時の時間に最も活発に働くんです。ということは、夜の10時から午前2時の4時間が、育毛に大切な睡眠の時間なんですよ!

私は、なんとその大切な時間の後の午前2時から朝8時までが睡眠時間でした!6時間眠れば十分だろうって思っていましたが、一番大切な時間帯をはずして眠っていたんですね😂😅

睡眠サイクルを整えて髪が生えやすい身体を作りましょう!

実は、もうひとつ大切なのが、睡眠サイクルを整えるということなんです。たとえば、ある日は夜の10時から朝の7時まで、ある日は夜中の3時から朝の10時までのように、その日によって睡眠のサイクルが違うのもよくないんですよ。なぜならば、人間の身体というのが無意識にサイクルを記憶して、睡眠中に働く副交感神経もそのサイクルを覚えていますので、覚えた時間帯では高い効率で働きます。その働きで成長ホルモンも十分に分泌されるのです。その反対に眠る時間のサイクルがバラバラになってしまうと、せっかく十分な睡眠時間をとったとしても、副交感神経が活発に活動しないんです。その結果成長ホルモンも十分に分泌されなくなって、髪の成長にも支障をきたすんですよ!

 

朝シャンは薄毛になるの?

私は、ずっと夜髪を洗わないで、朝シャンプーをしていました。なぜかというと仕事で疲れ、お酒が入った後だと、長い髪を洗ってドライヤーで乾かすのが面倒になってしまうから・・・。朝洗ったほうが、どうせ出かける前にスタイリングもしないといけないから、効率的!!って思っていたんです。

 

夜シャンプーしても朝シャンプーしても同じじゃないの?

実は夜と朝ではぜんぜん違ったんです。夜髪を洗わないということは、髪や頭皮に汚れが付着したままの状態で眠ることになりますね。お伝えしたように、頭皮や髪は睡眠中に新陳代謝がおこなわれて、日中に受けたダメージを修復し健康な状態を保つのですが、頭皮に汚れや皮脂付着したままの状態では、せっかく睡眠をとっても、頭皮の新陳代謝がきちんとおこなわれないんですよ!夜、眠りに就くときには、頭皮も髪もきちんと洗った清潔な状態にしておくことが良い頭皮環境を作り健やかな髪を育てる重要なポイントなので、夜ではなく朝に髪を洗うのは実は育毛にとっては良くないんです。

 

また、シャンプーをするという行為には、汚れを落とすというだけではなくて、頭皮の血行を良くするという良い効果もあるんです。就寝前にゆっくり湯船につかって身体の血行を良くし、シャンプーの際のマッサージ効果で頭皮の血行が良くすることは健やかな髪を保つためにとても大切です。

ところが、朝シャンプーは、出かける前のばたばたした時間ですから、ゆっくり時間をかけて、丁寧にというわけにはいきませんよね。私など、遅刻しそうになって、慌てて髪をあらい、乾かさずに濡れたまま家を飛び出すなんていうことがよくありました。きちんと乾かさないと、頭皮に雑菌が繁殖するなど、朝の手抜きのシャンプーに輪をかけて頭皮に悪いことをしていたんです😱😅

 

朝と夜で髪の状態って違うの?

頭皮の状態は朝と夜では違いがあるんですよ。
頭皮というのは、分泌される皮脂の膜によって守られているのですが、洗髪の後の数時間は、皮脂を洗い流してしまっているので、頭皮を保護る皮脂膜が無い状態になります。ふたたび皮脂膜が出来るまでには、必要な皮脂が分泌されるまでの数時間が必要なんですよ!

朝出かける前にシャンプーをすると、大気の汚れや紫外線などから頭皮を保護する皮脂膜が無い状態出かけることになるので、頭皮が直接ダメージを受けてしまうんです😱

 

他にも、朝シャンプーをすることのデメリットがあります。実は朝目覚めたときの頭皮は、夜に比較して毛穴が開いた状態にあるので、シャンプーやリンスなどの成分が頭皮に浸透しやすい状態なんです。つまり頭皮が刺激を受けやすい状態なので、頭皮のトラブルをおこす可能性も高くなるんです。

 

夜眠る前に、お風呂に入り、ゆっくりと丁寧に髪を洗うことは、頭皮を健やかにし、日中のストレスの解消にもなりますし、頭皮が清潔な状態で睡眠をとることができます!

朝ではなくて夜にシャンプーをするようにしましょうね!

 

 

↓↓マイナチュレの公式サイトにリンクしています↓↓

脂肪の多い食事、お酒、コーヒーの飲みすぎは薄毛になる?

育毛にとって好ましくない食品ってあるの?

育毛にとってあまり好ましくない食べ物には、どういうものがあるのでしょうか。

じつは、「この栄養素が髪に悪い」というようなものはないんですよ。ただ「あまりお勧めではありません」という食品はあるんです。それは脂肪分が多くてカロリーが高い食べ物や、交感神経を刺激する食べ物、飲み物などのことです。

たとえば、私の好きな揚げ物や、脂ののったステーキ、激辛の料理、コーヒーや紅茶の飲みすぎなどは髪のためには良くないということなんですね。

この中で、特に気をつけなければいけないのが、脂肪分をとりすぎることです。先ほどお伝えしたように、適度な皮脂は頭皮を保護するという大切な役割をもっているのですが、脂肪の多い食べ物をとりすぎるとこの皮脂の分泌が多くなりすぎて”脂漏性脱毛”という脱毛の原因になってしまうんです。

でも脂肪分が多くてカロリーが高いものって美味しいですよね!だから食べてはいけないわけではないんです。薄毛につながる可能性があるかもしれないので、食べすぎないように気をつけましょうね!ということです。

食品と薄毛には密接な関係がありますので、これについては、別の記事で詳しくお伝えしますね!

 

紫外線を浴びると薄毛になる?

頭皮の「日焼け」って意識したことありますか?私は意識していなかったのですが、じつは、頭皮も顔や身体のお肌と同じように日焼けして、紫外線のダメージをうけてしまうんです。

紫外線によるダメージは、髪の毛が痛んだり変色したりするだけではなく、頭の炎症を起こして、その結果抜け毛を招くことになります。私たち女性が太陽の光を浴びやすい髪の毛の分け目や頭頂部から薄毛になりやすいのも、紫外線が一因ではと考えられているんですよ!

 

紫外線対策していますか?

あなたは、髪や頭皮の紫外線対策をしていますか?紫外線は太陽の光が強い5月ごろから夏にかけて意識されることが多いと思いますが、実は1年中降り注いでいるんです。薄い布程度の場合、とおりぬけてしまいますので、UV対策をしていない防止や傘などでは防ぐごとが出来ず、髪や頭皮を直撃し、知らず知らずに日焼けしてしまうんですよ!

 

紫外線ってどうして育毛に良くないの?

髪を組成しているタンパク質のケラチンに紫外線が当たると、タンパク質が分解されてしまいます。
その結果、髪を保護しているキューティクルが破壊されて、髪が乾燥してしまい、枝毛や切れ毛などを招きます。また、髪の中のメラニン色素は、紫外線と反応すると赤茶色に変色し、痛んだ髪に見えてしまいますね。

それだけでなく、紫外線が当たることによって頭皮が日焼けすると、炎症がおきて、お肌と同じく頭皮が老化します。頭皮の炎症は、毛母細胞の働きを劣化させ抜け毛につながります。その結果、髪の分け目が薄くなったり、頭頂部が薄くなるなど、薄毛が広がってしまうんですね!

紫外線対策、しっかりしましょうね!

スマホやパソコンの使い過ぎで薄毛になる?

パソコンやスマホを長時間使いすぎると薄毛になるってご存知でした?長時間パソコンを使う人と、使わない人とでは、長時間使う人のほうが薄毛になる割合が高いという調査結果もあるようです。

 

パソコンやスマホと薄毛って何で関係あるの?

長時間のパソコンやスマホの利用は、実は人間の身体にいろいろな悪い影響を与えます。もちろんブルーライトなどの問題は有名ですよね!でもそれだけではないんです。

 

長時間集中して画面を見続ける。長時間首を曲げている。長時間同じ姿勢でい続ける。すると、目の疲れ(眼精疲労)、肩こり、腰痛、ストレス、などなど私たちの身体に弊害がたくさんあらわれてしまいますね。私もこれらの症状に悩まされています。でもそれが薄毛の原因になっていることまでは知りませんでした。

眼精疲労:眼精疲労がたまると、額から頭部につながる前頭筋という筋肉が緊張により凝り固まります。すると、頭皮の血行が悪くなり、血流悪化によって頭髪が生成される毛根部分に栄養が行き渡らなくなります。また、私たちの身体は、眼精疲労を解消するためにビタミンB群(L-シスチン)を通常よりも多く目に送って疲労を回復させてようとします。このビタミンB群、L-シスチンは育毛に必須の成分なのですが、目の回復のために多く使用されてしまうと、毛根部分に行き届かなくなり、結果として栄養不足を招いてしまうんです。

肩こり: 肩こりも眼精疲労と同様に、頭皮の血流を妨げ、栄養不足により頭髪が痩せて弱ってしまいます。

ストレス: ストレスは自律神経のひとつである交感神経を刺激して、身体を緊張状態にします。この緊張状態が続くと、血管が収縮して毛細血管の血行が悪くなり、その結果毛根部分の栄養不足になってしまいます。

このような理由で、スマホやパソコンの使い過ぎは間接的ですが薄毛につながってしまうようなんです。

でも現代でスマホもパソコンも必須ですよね!どうしたらいいの?

やはり、長時間の連続した利用を避け、こまめに休息をとって目を休めたり、軽いストレッチをしたり、姿勢を正しく保つなどで血行不良にならないよう心がけながらパソコンやスマホを使いましょう。

スマホやパソコンは、こまめに休憩をとって長時間利用は避けましょう!

 

まとめ

いかがでしたか? 知らず知らずのうちに、髪に悪い生活をしていませんでしたか?

マイナチュレはただ育毛剤を販売するだけでなく、私たちの薄毛や抜け毛の悩みに寄り添ってさまざまな面からトータルに育毛をサポートしてくれます。商品も育毛剤だけでなく、シャンプー・コンディショナー・カラートリートメント・サプリメントなど、ヘアケアに必要な商品をトータルでラインナップしています。

ヘアカラートリートメントについては、こちらに詳しくご紹介しています。

女性の白髪染めは薄毛の原因?|対策は?
女性の白髪染めは薄毛の原因?|対策は? 白髪染めの成分は髪と頭皮にダメージを与えてしまいます。直接の原因ではないにしても薄毛の要因のひとつです。この記事では白髪染めの際の薄毛対策と髪にお勧めのヘアカラートリートメントをご紹介します。

 

また、育毛・美髪情報のお届けや、メルマガでの情報提供によるフォロー、毛髪診断士・栄養士・美容師・スリープアドバイザーなどの育毛のスペシャリストからなるサポートチームによる悩み相談。に応えてくれます。さらにヘアケアWEBマガジンでは日常生活におけるヘアケアのアドバイス、セルフケアサポートアイテムの紹介、などなど本当に心強いですね😊

 

 

 

↓↓マイナチュレの公式サイトにリンクしています↓↓